国内旅行は目的に応じて行き先を決める
国内旅行は目的に応じて行き先を決める

国内旅行と一人旅のメリットやデメリット

国内旅行では、いつでも簡単に行けることや自由さなどがあり、また色々な人との交流も日本語が通じるので楽しむことができるということがあります。またひとりなので宿泊施設でも色々選べますし、相手を配慮しながら旅をしなくてすむということが大きなメリットではないかと思います。一方でデメリットとしてはひとりということで寂しさがこみ上げてくることもあるようで、若いうちは一人旅を楽しみ、それ以降は複数の観光旅行を楽しむのが良いのではないかという人もいましたが、私の知り合いでも中年までは一人旅をしていましたが、それ以降はやめてしまったという人が数人いました。その理由をたずねても答えませんでしたが、多分寂しさを感じるからだろうと思います。

やはり一人旅の醍醐味は中年ぐらいまでなのかもしれません。人間はどうしても社会的な動物なので、ひとりでは寂しくなるということがあるのではないかと思います。しかし何かの目的を持つ場合、例えば露天風呂巡りなどのような場合や史跡巡りなどの場合などは、明確な目的になり、寂しさなどもなくなるのかもしれません。またそのような旅情を味わうのも国内旅行のメリットなのかもしれないとも思います。色々なことが感じられるからこその旅のようにも思います。