国内旅行は目的に応じて行き先を決める
国内旅行は目的に応じて行き先を決める

鉄道での国内旅行で回数券を使って料金を分割

鉄道で国内旅行をする時、切符を使うことになります。駅で目的地を探してその料金を支払うことになります。基本的には平等に金額が決められているのですが、一部においてはそのまま買うとそんなことがあります。都市部から地方に行く場合にそのようなことがあります。JR線においては地区によって料金の決め方が異なります。都市部は特別料金が決められていて割安になっているのですが、地方に行くと少し高めの料金に設定されています。

しかし都市部から地方に行く時には料金の決まり方が少し損になってしまうのです。このときは都市部と地方部分とに切符を分けることでお得にいけることがあります。では都市部まで切符を買えばいいのでしょうか。そうすると現地で精算した時に結果としてはそんな料金で精算をしてしまうことになります。最初からその値段で買ったのと同じ扱いです。そうならない方法としては、事前に回数券を手に入れるようにするといいかもしれません。

回数券の場合は切符の乗り越しをするときは新たに買い直すことを前提にした計算を行います。トータルでは見ないのです。あえてその方法で計算されるように使うのです。回数券なので少し割安に買えるのでお得度も増します。