国内旅行は目的に応じて行き先を決める
国内旅行は目的に応じて行き先を決める

国内旅行で行きたいところは合掌造りの集落です。

私が国内旅行でいちばん先に行きたいところは、世界遺産登録のされている合掌造りの集落のあるところです。その場所は私の住んでいる所からもそれほどお遠くなく、江戸時代からある古民家に灯りがともって美しく並ぶ光景をいつか見てみたいのです。私はずっと前から古民家や民芸品が好きでした。古民家は訪れた場所で開放された所があるとその度に中を見学させていただきます。農作業の道具や調理場など、私の母親の実家を思い出します。幼い頃母に連れられて行った生家はまだこんな造りの家でしたので、茅葺の屋根を見るとあの頃の風景が懐かしく思い出されます。

はなれにあるトイレが怖くておじいちゃんにそばにいてもらった事、畑が好きで熟したものも熟していない物も区別がつかないで取って来た事、水道はポンプでくみ上げてタイルで出来た水瓶に貯めていました。今と違って物は無く、どれ一つとっても大変でしたが、時間がゆっくり過ぎていた気がします。母も母の田舎ももう無くなってしまい、私自身もまだ子育ての真っ最中です。ままならない現実ですが、世界遺産になるとそう簡単には無くなりませんからいつまでも希望が持てて嬉しい限りです。私の夢はライトアップされた集落の冬の姿をいつか見に行く事です。