国内旅行は目的に応じて行き先を決める
国内旅行は目的に応じて行き先を決める

国内旅行でお城に行く時に見るところ

日本において国内旅行をするときに人気なのがお城と言われてます。非常に大きな建物で、日本的な建物になっています。世界においてもあまり見ることができないようです。そういった建物が建てられた時の姿のまま残っているのですから建築技術の凄さがわかります。美しい姿もいいのですが、お城に関してはいくつかの種類であったり見どころがあると言われています。それを気にしておかないと、せっかくの城めぐりも楽しめなくなってしまいます。

まずは国宝のお城とそうでないお城があることです。国宝になっているのは再建ではない形で残っているものです。基本的には建てられた状態で残されていて、その後改修等によって現代まで維持されています。移築などをしたわけではないのです。雄大なお城の中には昭和になってから元々あった場所から大きく離れたところに移築されたものもあります。それはそれで美しいのですが、国宝のお城とは見方を変えないといけないでしょう。

お城といいますとどうしても建物の方を中心に見てしまうのですが、それ以外には石段の部分も見ておきたいです。現在においては建物の部分が失われているところもありますが、この石段の部分が非常に立派なことがあります。それだけでも十分価値があるのです。